2010年04月30日

元最高裁判事に無利子融資、法務省法人が解散へ(読売新聞)

 法務省所管の社団法人「民事法情報センター」が、理事長を務める元最高裁判事の香川保一氏(88)に、無担保無利子で1500万円を貸し付けていた問題で、センターが近く解散する方針を固めたことがわかった。

 解散には、社員(会員)の4分の3以上の賛同が必要で、近く総会を開いて正式決定する。

 センターによると、26日に開いた理事会で決めた。センターが抱える約4億円の内部留保は民法の規定で、国庫に寄付される見通し。センターの岩佐勝博常務理事は、解散の理由について「公益法人として社会的に迷惑をかけたため」としている。

 この問題を巡っては、千葉法相が「公益法人として不相当」として、同省が調査を進めていた。

<口蹄疫>感染疑いの牛、新たに2頭発見 計14頭に 宮崎(毎日新聞)
最高裁で免職取り消し県職員、改めて停職処分(読売新聞)
養子縁組554人の子ども手当申請、受理せず(読売新聞)
殺人 父親殺害?逃走中の息子、バスと衝突死 大阪・枚方(毎日新聞)
ニュース検定 感謝の集いを開く 新聞社幹部ら60人参加(毎日新聞)
posted by マツモト ヒトリ at 11:23| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。