2010年06月15日

政府、対イラン制裁支持求める(産経新聞)

 仙谷由人官房長官は10日午前の記者会見で、国連安全保障理事会が9日午前(日本時間10日未明)の公式会合で、対イラン制裁決議を賛成多数で採択したことについて「わが国は毅然(きぜん)とした対応が必要との立場に基づいている。国際社会が安保理決議を着実に実施し、イランに懸命な決断を求めていくことが必要だ」と述べ、各国に協力を求めた。

【関連記事】
「ごみ箱に捨てられるだけだ」 イラン大統領が制裁決議を非難
イラン低濃縮ウラン 米仏露、トルコ移送案に回答
「イランは責任を負うことになった」 米大統領、決議採択を歓迎
一部骨抜き、実効性は未知数 「イラン発着の全貨物」検査可能に
イラン追加制裁決議 米、最悪のシナリオ想定

橋下知事「選挙で戦って、政治的に動かす」(産経新聞)
<火災>店舗兼住宅焼き2人死亡 父と11歳次女か 愛知(毎日新聞)
機械部品、不正輸出図る 容疑で大阪の卸会社捜索 兵庫県警(産経新聞)
民主党支持率「V字回復」は自己否定ではないか(産経新聞)
<横浜弁護士殺害>千葉県の男に逮捕状 離婚調停でトラブル(毎日新聞)
posted by マツモト ヒトリ at 22:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月11日

湘南・鵠沼、波高し…サーファー2団体が対立(読売新聞)

 神奈川県藤沢市の鵠沼海岸で、海岸の利用ルールをめぐり、地元サーファー団体間で論争が起きている。

 漁協に「謝礼」を払うなど独自のルール制定を目指す団体が設立され、同海岸を使用すると県に届け出たことが発端。新団体は漁協の支持を得ていることなどを理由に、他団体が海岸を使う場合は連絡するように主張。これに対して既存の団体が「浜の私物化につながる」と反発している。

 今年4月から11月にかけての土、日、祝日、鵠沼海岸を漁業振興のために使うとする「海岸一時使用届」を県に出したのは、5月28日にNPO法人の認証を県から受けた「鵠沼の海を守る会」。同市内のサーフショップ店主らを役員とし、趣旨に賛同する人にステッカーを販売するなどして資金を集め、漁業者に謝礼を払うとしている。

 使用届は、浜辺の使用状況を把握するため県が受け付けている。守る会によると、先に届け出た団体に後から出した団体が連絡して調整する慣例があるといい、同会が連絡や調整の窓口になると主張している。同会の古屋総史理事長は「漁業権のある漁協に使用料を払うのは当然」とし、4月にサーファーら約50人に趣旨を説明し、賛同を求めた。

 一方、全国組織の日本サーフィン連盟の湘南藤沢支部を実質的に兼ねる同市サーフィン協会(会員約400人)の田中啓三相談役は、「届け出だけで使用の実態がない。新団体が海岸を取り仕切り、使用料を集めようという意図としか思えない」と首をかしげる。同協会によると、これまでは同協会が調整の上で、サーフィンの大会を開く団体が使用届を出していた。田中相談役は「地引き網の区域を避けるなどすれば漁業と共存できる。一方的な使用料徴収を認めれば、国民が自由に海岸を使える権利を侵すことになる」と話す。

 相模湾沿岸では県の主導で自治体ごとに「海・浜ルール」と呼ばれる自主的な決まりが設けられている。藤沢市では、地引き網操業中の赤い旗が立ったときにはサーフィン愛好者は船や網に近付かないようにするなどのルールを設けているが、漁協に謝礼を支払うかどうかは決まっていない。

 漁業者の反応も様々だ。藤沢市漁協の葉山一郎組合長は「現行の海・浜ルールは守られていない。地引き網操業中にサーファーが漁師にぶつかったり、操業エリアに入ってきて迷惑を受けている」とし、「守る会」の活動に協力するよう日本サーフィン連盟湘南藤沢支部あてに要請文を出している。江の島・片瀬漁協の浜野正一郎組合長は「聞いていない」と静観の構え。

 藤沢市の年間海水浴客は約400万人で全国有数。鵠沼海岸は早くから米軍人の指導で近代サーフィンをした記録があり、1966年に初の全日本大会が開かれた千葉県の鴨川海岸などとともに「日本サーフィン発祥の地」とされており、論争の行方が他の海岸に影響を及ぼす可能性もある。

[ケヤキ・庭石訴訟]元助役らに7億円賠償命令 福岡地裁
民主、複数候補擁立を見直し…次期選対委員長(読売新聞)
注目の若手俳優・戸谷公人が仮面ライダーから理想の彼氏に変身!?
<鳩山首相>続投姿勢崩さず 三者協議は継続(毎日新聞)
子ども手当でワクチンを!−小児科医らがキャンペーン(医療介護CBニュース)
posted by マツモト ヒトリ at 02:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

<野口宇宙飛行士>「すばらしい一歩」愛知工科大教授が評価(毎日新聞)

 約2年前まで宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙科学研究所で教授を務めた愛知工科大学(愛知県蒲郡市)の中谷一郎教授(65)は、野口さんの長期宇宙滞在を評価した。専門のロボット工学の立場から、「宇宙ロボット開発者の中には、宇宙なんてロボットが行けばいいじゃないか、と言う人もいるが私はそうは思わない。人類のフロンティアを広げる意味で、宇宙には必ず人間が行くべきだ。そういう意味ですばらしい一歩だった」と称賛した。【沢田均】

【関連ニュース】
【写真特集】野口聡一宇宙飛行士 帰還
【写真特集】野口聡一さん:和服で書き初め ISSで正月行事
【写真特集】野口宇宙飛行士:サンタ姿でISS入り…長期滞在スター
【写真特集】ハリウッド映画みたい? かっこいいNASA ミッションポスター
野口宇宙飛行士:無事帰還 滞在163日、通算日本人最長

社民党、連立離脱を正式決定(産経新聞)
茨城空港 上海便、7月末に就航…春秋航空と県が合意(毎日新聞)
民主衝撃、比例投票先は自民下回る14%(読売新聞)
石井一・民主議員宅で現金1000万円盗難 「昨年末まで金庫に…」(産経新聞)
<連続ピース缶爆弾>製造名乗り出た牧田吉明氏死亡 病死か(毎日新聞)
posted by マツモト ヒトリ at 11:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。